HOME > 当学会について > 総会議案書 > 日本病理学会東北支部 第66回総会議事録

日本病理学会東北支部 第66回総会議事録

日時:平成20年2月10日(日) 12:20-12:50   場所:フォレスト仙台 フォレストホール
 
会に先立ち澤井支部長より挨拶があった.総会の司会は岩間先生が務めることとした.
報告
  1. 第66回支部学術集会の概要について(澤井)
澤井支部長より第66回学術集会の概要と2日目に行われる「厚労省 がん医療水準均てん化研修会」についての説明があった.
  2. 最近の病理をめぐる問題(澤井)
最近の病理をめぐる問題としては,研修医制度,厚労省「地域がん診療拠点病院制度」,文科省「がんプロフェッショナル養成プラン」,電子カルテ・バーチャルスライドの導入,病理の標榜化などが挙げられた.
  3. 病理学会報告(ホームページ広報より) (澤井)
病理学会報告の詳細については,資料をお読み頂きたいとのこと.
  4. 「診断病理」への投稿について(江村)
東北支部の投稿数は他の支部に比べて非常に少ない(最下位)ため,積極的に投稿をしてほしいとの依頼があった.
  5. 第4回夏の学校について(鈴木(利)
昨年の夏に行われた第4回夏の学校について報告があった.また,次回開催時期・開催地については第67回学術集会までに検討することとした.なお,総括は各県を一回りしてから行う.
  6. 支部としての総括
  (1) 抄録集の作成(澤井)
澤井支部長の大きな成果として抄録集の冊子化が挙げられた.
これは今後も継続しほしい旨,お願いがあった.
  (2) 病理診断・剖検依頼マニュアル(岩間)
現在完成はしていないが,今後もHPなどで意見を募集し,最終的には本として販売も検討している旨報告があった.
  7. これからの支部活動の方向性(澤井)
今後の支部の課題としては,若手の育成が最も大きな問題である.
  8. アンケート結果(澤井)
以前に実施したアンケート結果2件について,別紙資料の通り報告があった.
審議事項
  1. 第67回学術集会について(方山)
日程:平成20年7月12日(土)-13日(日)
場所:八戸グランドホテル(八戸市)
会長:方山 揚誠先生(八戸市立市民病院)
内容:特別講演(長村義之先生),教育講演,スライドセミナー(澤井支部長)
  2. その他
3月で退任される澤井支部長より挨拶があった.次に,本山 悌一次期支部長より挨拶があった.
Fatal error: Call to undefined function http_response_code() in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/wp-cerber/cerber-load.php on line 4872