HOME > その他のお知らせ > バーチャルスライドアンケート結果

バーチャルスライドアンケート結果

回答56名/参加者116名(回収率 48.3%)
 
投影画像に関して
スライド形式のものよりよかった 19 33%
スライド形式のものとあまり変わりなかった 27 46%
スライド形式の方が良かった 12 21%
 
操作性について
スライド形式より動きが早く感じられた 19 34%
スライド形式とあまり変わりなかった 17 30%
スライド形式より動きが緩慢であった 20 36%
 
発表全般について
スライド形式よりわかりやすく良いと思った 33 57%
スライド形式とあまり変わりなかった 16 28%
スライド形式の方がよい 9 15%
 
該当すると感じたもの(複数回答可)
ルーペ像の観察ができ,組織全体の把握ができてよかった 43 77%
弱拡大から強拡大にわたり連続的に全体が観察できてよかった 30 54%
標本の種々の部位の像が観察できてよかった 23 41%
 
自分のバーチャルスライドでの発表について
是非利用してみたい 24 43%
どちらでもない 19 34%
あまり利用したいと思わない 13 23%
 
御意見
・実際の顕微鏡を見ているようで分かりやすい.
・画面上に矢印が表示できれば良い.
・症例数が少なく臨床像と対応が求められる
・CPC等では有用.
・学会発表にはあまり向いていない.
・HEスライドがリアルタイムで色々な部位が見れるので症例の理解に役立った.
・今後どんどん普及してほしい.
・実際の顕微鏡をスクリーンに投影する方法を考えてほしい.
・操作の練習が必要.
・FEPはきちんとトレイに格納してほしい.
・切片厚いとピントがずれるのが難点.
・バーチャルスライドじゃなければダメと言うような必然性はない.
・目が回る.
・ディスカッション用には優れている.
・撮影装置が高価で一般化するのはもう少し先か.
・今日のような使い方では特に利点は感じない.
・演者と同じ画面が見れるので有用.
・発表時間に制限があるとリハーサルが必要か?
Fatal error: Call to undefined function http_response_code() in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/wp-cerber/cerber-load.php on line 4872